視力が回復

レーシックでどうして視力が回復するの?

最初に覚えておきたいことが、「どうして目で物を見ることが出来るのか?」ということです。
人は目が見える喜びを忘れがちであり、物を見るという行為が当たり前のものとなってしまっています。
目が見えるというのは、光の屈折による効果であり、当然光が無ければ目は機能しません。

世の中の物に光を与えているのは太陽であり、その太陽の光が集合し屈折させ物を見ることが出来ます。
目で見ている光は角膜と通過し、さらに水晶体を通り網膜へと届けられます。
普通に生活をしていれば、網膜の存在など気になる機会はほとんど無いですが、私達が今見ている物は、この網膜に映し出されているのです。

網膜に映し出されている物を脳に信号を送り物を判別しています。
言うならば目が物を見ているのではなく、脳が見ているものをただ私達に伝えてくれているだけなのです。
しかし網膜に映っている物が正しい状態で脳に伝えることが出来なくなってしまうことがあり、これが近視と呼ばれている症状です。

つまりレーシックというのは、光が最初に通過することになる角膜を削り光の屈折を調整していくことになります。
この段階で網膜へ光を正しく映すことが出来るようにレーザーを使って色の調整をしたり、パルス幅の変化、波長の長さの調整を行います。
このようにしてレーシック後に、視力を回復することが出来るのです。

少々難しいかもしれませんが、簡単に言えば、脳への信号を正しく送るための微調整ということになります。
少し前までは、まだレーザーが確立していなくメスを使っていた時代がありました。
しかしそれでも失明といった最悪の結果を招いたことが無かったのですから、メスよりも遥かに安全な現在のレーザーなら、確実性が格段に向上していることは当然のこと、安全性もほぼ確立していると言っても過言ではありません。
クリニックでは様々な図解を使ってレーシックの原理を説明してくれますので、きちんと把握しておきましょう。
最近では、レーシックといっても様々な手術方法ができています。
こちらにレーシックの手法とかかる費用について詳しくまとめられていますのでこちらも是非参考にしてください。
また、レーシックの安全性や手術を受けられる人の条件がこちらにまとめてありますのでこちらも是非ご覧ください。

このページの先頭へ